祖父が知人から買った兜を買取に出してみました

骨董というか、戦国時代のものなどが好きな祖父は
色んなものを集めていたようでした。
前から知ってはいたけれど、押し入れの中には
私たちの想像以上の品物が多く詰め込まれていて
とても驚きました。

祖父が他界して半年がったってから、遺品整理に取り掛かった時に
初めてこんなに大量に祖父が集めていたことを家族全員が知りました。
中には懐かしいものもあったようで、
祖父がどうしても欲しいと言い張って知人にお願いしてかった
兜もありました。
どれだけ高価なものだったかは忘れたそうですが、
祖父が祖母に頼み込んでお金を出してもらって買ったものだったそうです。

思い出もあるけれど、必要もないものばかり。
価値なんて私たちには分からないと思ったので
きちんと鑑定してくれるお店を探して
思い出の兜などの骨董品をすべて買い取って頂くことにしました。

ちなみに、私が一番気になっているのは
兜を買取に出してどれくらいになるかってことです。
あれだけ祖父が知人に頼み込んで手に入れたものです。
さらに、祖母にまで頭を下げてお金を出してもらった物だなんて、
どれくらいの値段になるんだろうってかなり興味津々です。