着物を買取に出してさよならしました

おととい、着物を買取に出してきました。
これでようやくさよならできたとホッとしています。
着物を買取に出すまでは本気で悩みましたが、
どう考えてもこれから出番がやってくるとは思えず、
考えに考えた結果、売るようにしたんです。

あんなに考えて悩んでやっと着物を買取に出したわけですが、
さよならしてしまえば、あっけないものですね。
というか、実に全く気にならないから不思議です。

いざ売ろうかと真剣に考えた時には惜しいような気もしていたのですが、
売って家からなくなってしまえば、
それはそれでよかったと胸をなでおろしてしまいます。
まあ、着ることなんてありませんでしたからね。

家にあのままずっと置いておいてもおそらく状態が悪くなっていただけでしょう。
虫に食われるとか色のくすみなど、傷んでしまう原因は家にはしっかりありました。
カビが生えてしまう可能性だってあったと思います。
そう考えると、やっぱり決断したことは
私にとっても良かったんだと今ははっきり思えます。
誰か大切に着てくださる方のところに行ってくれれば一番です。
私のところにあっても勿体ないと思えるものは早めに手放すことがいいのだと思いました。